インドメトロ_女性車両

「女性専用車両」もあるインドのメトロは快適!

 

こんにちは、木下です。 インドの電車と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

 

「インドの電車=ぼろい、ふるい!?」。「そもそも地下鉄なんかあるの?」といったイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。 ところが・・インドに来て驚きました。とっても立派な地下鉄があるではないですか! インドの首都デリーには地下鉄「デリーメトロ」があります。 人口12億のインドは経済成長と都市化が進み、交通渋滞が当たりの光景となった近年、自動車の排気ガスによる大気汚染が問題になっています。 そこで少しでもその交通渋滞や大気汚染を改善しようと作られたのがこのメトロです。 2011年に首都デリー中心から、空港や郊外の新興地域のグルガオン、ノイダまで、全長190kmの路線が開通しました。

日本も1996年から16年間にわたりJICAが資金や技術協力をし、この地下鉄開通に貢献しています。 例えば、日本の省エネ技術を取り入れたこのインドの鉄道はCDM(Clean Development Mechanism:クリーン開発メカニズム)事業として、国連に登録されています。 何かというと、「車両のモーターをブレーキ作動時に発電機とし利用し、列車の運動エネルギーを電力に変換する」技術で、なんと電力を3割も節約する事ができるそうです。 この他にも、様々な取り組みが導入されましたが、インドの工事現場の労働環境改善に貢献した一例として、日本の工事現場では当たり前の、ヘルメットや安全靴の着用といった「安全」対策なども根付かせました。

乗車料金は8ルピーから。日本円で14円です。(1ルピー1.8円換算 2013年4月時点) 切符は窓口で購入します。 切符といっても、カジノのコインの様なプラスチックのコインを渡され、それを自動改札口にかざして入ります。 コインのほかに、日本のICOCAやSuicaといったICカードもありハイテクです。 どの駅も大抵窓口はとても混雑しています。 さらに改札を通る前には、空港のようなセキュリティーチェックもあるので、時間に余裕をもって駅に行っておかなければ、思いのほか乗車までに時間がかかってしまうこともあるので要注意です。

また、女性にはとっても嬉しい取り組みがあります。最近インドでは物騒な事件も多いのでその流れを受けてか、なんと「女性専用車両」があります! 普通車両にも女性優先席があるので女性には嬉しいですよね。

料金も安く、渋滞にも巻き込まれないメトロは多くのインド住民・旅行者に愛用されています。

 

メトロ料金表:http://www.delhimetrorail.com/metro-fares.aspx

メトロ路線図:http://www.delhimetrorail.com/route-map.aspx

 

女性専用車両 目印

これが女性専用の乗り場の案内です。

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>